青汁と言えば、健康食品として非常に有名な物で、飲んでいる人は結構います。
ジュースのタイプになっているので続けやすく、また様々な栄養素を手軽に摂る事が出来るので野菜不足の人にとって非常にメリットがある飲み物だと言っても良いでしょう。 そんな青汁ですが、イメージからすると市販の物しかないような感じがしますが、それを手作りする事は出来るのでしょうか。 実際に青汁を手作りする事は出来ます。 用意するのは緑色をしている新鮮な野菜です。

例えば小松菜とか、あとはブロッコリーの葉、キャベツ、青紫蘇、パセリなどもなかなか良いでしょう。
これらは比較的新鮮な物をスーパーなどでも手に入れる事が出来るので、自宅で作る時の原料としてはお勧めです。 ただ、緑色の野菜は重要なのですが、緑黄色野菜の代名詞であるほうれん草は生で食べるのは控える方が良いかもしれません。 もし使いたいのであれば、サラダほうれん草を使うようにしましょう。
さてこれらを原料として作る時は、まずはしっかりと洗い、次にある程度小さく包丁で切ったりちぎったりしましょう。 まずある程度小さい状態にする方が、その後の処理が楽になります。 次にそれを細かくする為にすり鉢、ミキサー、ジューサーのどれかを選ぶのがお勧めです。 すり鉢の場合はゴリゴリと野菜をすり潰すことになるのですが、その時はゆっくりとすり、ペースト状になるまで続けるようにしましょう。

ミキサーを使う場合は、そのままの状態ではなかなか細かくする事は出来ないので水分を足すようにします。
ビタミンなどの事を考えのであればリンゴジュースなどを入れるのもお勧めですが、別に水でも大丈夫です。 この2つの方法を選択した時は、布などで濾すようにしましょう。 そうする事でざらざらとした食感がないおいしい自家製青汁を作る事が出来ます。 濾すというのが手間だと思う時は、ジューサーを使うようにしましょう。
この場合、絞りかすはしっかりと取り除いてもらう事が出来るので、非常に簡単に青汁を作る事が出来ます。 水分を足す必要もないので、手軽にジュースを作る事が出来るのでお勧めです。 ただ、実際に自宅で青汁を作ってみるとなかなか個性的な味になってしまう事も少なくありません。 そうならない様にするためにも、まずは無難な味が分かっている野菜を使うようにしましょう。

また苦くなりすぎた時はリンゴジュースや豆乳などで味をまろやかにするのもお勧めです。 臭いがどうも苦手な時は、レモン汁を少しだけ足してみるのも良いでしょう。 こうする事によって、レモンの抗酸化作用の効果で空気に触れたことによるビタミンCの破壊を防ぐ事が出来ます。 自宅で青汁を作る時は、色々な事に注意しつつ作ってみると、自分好みのなかなかおいしい物を作る事が出来るでしょう。
まずは、青汁はくさいとかまずいとかいう概念を一度捨てる事が大切です。 どんなに高級なお肉であっても生では食べれないものもありますし、丸焦げでもおいしくありませんよね。青汁も同じです。
作り方を間違えてしまえば、まずくもなるし苦くもなります。 青汁で健康的な日々を送ろうと思っている方は、自分の好みのものを正しく調理しておいしく楽しく健康に生活していきましょう。